読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなたぼっこだけしてたい

大都会でひっそり暮らすSEの気ままな日記。休日は公園のベンチにいます。

第10回 人生、経済力が9割なんじゃないか、やはり

久しぶりの更新。

前回からしばらく思うがままに進んで来たが、最近また分岐点のような場面に来たかと思ったので、記載。(また、思ったことをツラツラと記載)

 

書こうと思ったきっかけは主に下記2つのことを考えたから

  • 結局自分は何で貢献できて(稼げて)、今後どのようなポジションで貢献する(稼ぐ)ようになりたいのか?
  • それで今後の人生、しっかり生きていけるのか?(経済力的に)

そして、このように考えるきっかけになった2記事

www.businessinsider.com

thebridge.jp

自分は数千人単位の企業から数十人(十数人が正しいか)単位の企業に転職した人種。

それに伴い、稼ぎ(経済力)も大幅に下がった。

 

転職するにあたって、自分自身で決めていた目標がある。

それは「転職しなかった場合の年収に追いつき、追い越してやりたい」

 

今、徐々にではあるが経済力は回復?の方向に向いてはいる。

しかし、数千人単位の企業の同期の経済力には到底及ばない。

(基本給&ボーナスの2つ共に、むしろ差は開いている)

この差を目標達成のために「今後どういう風に埋めていこうか?」=「自分は何で貢献する(稼ぐ)ことができるのか」を考えた。

 

「自分は何で貢献する(稼ぐ)ことができるのか」の部分では、1つ目の記事が自分なりに指標のようなものになった気がする。

(転職して保証が無くなったことから)まさしく「人生を生き抜くために」かなと感じたから。

 

今の環境は、大企業のように作業を分割されて決められている訳ではないので、自由さはある。

特に「Get very good at one thing」について、これまで自分なりにチャレンジしてみて、得意不得意(好き嫌い)も見えてきた気がするので、まずはそれを基準に「これはできる!」というものを磨きたい。

注意点としては、新しいこと(仕事)に対して今まで感じた得意不得意に固執せず、食わず嫌い禁止は継続すること。

 

そして2つ目の記事に関しては、自分の目標に「いつまで」がなかったことが関係する。

「いつまで」については、

  • 20代後半に差し掛かったこと
  • 自分の周りでも結婚関連の動きが活発になったこと

もあり「30には」とふと思った。

そして「30あたりには結婚するために、将来が見える大きめな企業(≒ちゃんとした仕事)に就くのか」と考え始めていた。

 

そんな時に2つ目の記事を見て、ざっくりこの2つの考えが表れた。

  • 記事を見る前に思った通り、結婚を見据えて「ちゃんとした仕事」につけるように、これから動く
  • 記事を見て、まずは結婚視点を無視して、自分の思うように生き抜くために動く

 

どうしたもんかと。。。

現状、結婚に関しては進捗0でもあるので、後者でいいのでは?

でも、進捗を出すためには前者の方向で行かないと、ずっと0のままが高確率では?

 

今すぐ答えを出す訳ではないが、今後この観点についてはうっすら意識しておく必要はありそう。

 

結局、回答が定まった状態にはすぐなれないが、思ったことを備忘としてここに記載。

相変わらず、人生ハードモード。

イージーモードな人生見てみたいもんだ。

第9回 辞めることはだめなのか(職歴が多い人はダメな人?)

「継続は力なり」

 

これは間違っていないと思う。

でもこれは「(仕事を)続けることで、きっと◯◯ができるようになる/手に入れることができる」という確信が、自分の中で存在している前提での話かなと考える。

 

では、「(仕事を)続けることできっと◯◯ができるようになる/手に入れることができる」という確信がない場合は?

これは「辞めて新たな道を探す」がいいのではないかと思う。

(粘って見つけるという手段もあるけど。)

 

辞めた理由がきちんと話せて、納得できる理由であれば問題無いと思うのだけれど、「数が多い」という理由で「ダメだ」と言われることがちょっと納得いかない。

(自分がそういう人を見る場面を想像すると「なんで辞めたの?」というのをしっかり掘り返して確認するかな。)

 

自分の周りの人はきちんと長く働けているので、ちょっと参考になる人がいない。

世の中的にはどう見えるのかな?

第8回 一段落

バタバタをなんとか乗り切り一段落。

よく頑張ったと自分を褒めてあげたい(自分だけじゃないけど)

 

悩んでることは一旦忘れて、突き進んでみた。

やっぱり、目の前に明確な「やること」を常に置いとかないとね。

 

すぐ余計なこと考えちゃって、いらない心配をしてしまう癖がある。

たまーに止まってちょっと考える程度にしないとね。

進んでみないと軌道修正もできないし。

まずは「進む(やってみる)」そして「止まる(考える)」。

よくあるビジネス書にはさらっと「PDCAを早く回して〜」とか書かれてるが、難しいもんよ。

まぁでも、日頃から頭の片隅に置いて過ごしておくと少し違ってくると信じてる。

考え方の視点はちょっとは変わってきてると思うし。

 

時間ちょっとできたから、整理してまた進もう。

 

====

全然関係ないけど、昔から好きだったバンドの解散がもう目の前に来てしまった。

MV見て切なくなりつつも、また元気をもらえた。

www.youtube.com

第7回 今悩んでいること

自分のブックマークをなんとなく見返していて。

ブックマークの内容とは直接は関係ないと思うけど、思ったことを書く

mirai.doda.jp

 

冒頭のここ。

 

「うまく相談できずにいたり、自信を無くしてしまっている人」

 

昔からあんまり相談できないというか、どう相談していいかわからず抱え込みがちなタイプな自分。

悩み出すと答えが出ない=余計にわからない=へこむ になる自分。

でも徐々に「悩みは抱え込んでも何も変わらない。まず吐き出せ」ということを学んだ。

今日は試しにここに吐いておく。

メモにもなるし。

 

=======

【悩み】

正直「自分は技術にそこまで興味がないから、ずっとSEは厳しい」と思われる。

 

【詳細】

・現在はSEという仕事をしている

・SEは「顧客とプログラマの間のポジションである」と考えている

・間のポジションであることと現在の業務から考えて、以下の2つの力がともに必要

 ※表現が正しいかはわからない

1.顧客対応とプロジェクト管理を行う力(マネジメント系)

2.要望について実現可能・不可能など技術的な判断ができる力(エンジニア系)

 

=======

1と2は絡み合っていると思っている(特に2が無いと1の仕事ができない)

1の方は好きというか、これはやりたいことであり伸ばしたいと思っている。

2の方が伸ばせる自信がない。。。

 

2の力をつけるためには「自分で何かを作ってみる」しかないと思う。

「webサイトなりアプリなり、何か作ってみろよ」が最良の回答だと思う。

ここはわかる。

なんでもやってみないと結局身に付かないからね。

行動することが大事。

 

最大の問題点は

「何か作ってみろよ」の「何か」がわからない(というか思いつかない)

 

何を作ればいいの?

そんな、みんな当たり前のように作りたいもの持っているの?

「これ作って」と言われれば調べて作るんだけど、自分で「これ作りたい」が無い。。。

 

ここが解決できないから止まってしまっている。。

「作りたい!」はヒラメキな世界だから、もう仕方ないのか?

 

なんでも出来た方がいいし、今では作れて当たり前の世界だから、伸ばさないとね。。。

 

こまった。

 

【まとめ】

また、ざーっと思っていることを簡単に羅列しただけだからまとめ。

 

「技術力つけなきゃ」→「何か作ってみることが技術力UPにつながる。作らなきゃ。」

→「んじゃ何作んの?」→「わからない。思いつかない。」

 

 

んーーーーーー迷子。

最初の【悩み】と【まとめ】もなんかずれている気がするしな。

いろいろ迷子。

第6回  なんとなく今がチャンス

また1ヶ月空いてしまった。
定期的に書く性格ではないな。やはり。

=====

こんな記事を見てふと思った。

next.rikunabi.com

 
特にアピールとかしてたとかはないから、直接は関係ないと思う。
しかし、仕事でチャンスが来ているように思う。たぶん。
何かと、まるっと丸投げで任されること増えてきて、正直タスク溢れみたいなことになる寸前な状態。
毎日手探りでテンパりそうな状況ばっかりやけど、たぶんここを上手く捌いて乗り越えれば、何か変われそう。

というかむしろ試されてる?感じでもある。
上司からすれば、「ギリギリまで負荷かけるが、崩れてもカバーできる状態」的な。
なら尚更、やりきってやろうと思うね。うん。

タスク溢れせずなんとなく乗り切るんじゃなくて、しっかりおまけ乗せて上司に返してやりたい。
ここでやるかやらんかで、今後が変わるんやろな。見られ方とか。

とりあえず負けたくないな。
「あーやっぱりあかんかったか」とか思われるのは悔しいし。

2015年の残りは捧げよう。
遊びは来年でもできる。このチャンスは今しかない。

がんばりまっせ

第5回 ぼっちはぼっちで楽しいんです、本当に

 ライフハッカーの記事を見つけて。

「多くの人は、自分のことを意識しすぎて内気になりがちです。でも、誰も気にしていないのだから、好きなことをすればいいのです。」という文が特に共感したから。

 

www.lifehacker.jp

 

自分も基本一人でふらふら行動するタイプ。

一人で行動した時は、グループでいる時とは違う楽しみがある。

 

例えば一人で飲みに行った時。

だいたいカウンターに通される(カウンターがある店しか入らないから当然か)

すると必ず、バーカウンターにいる店員さんと会話が生まれる。

店員さんにもよるけど、これかなりの確率で盛り上がるんよね。

んで、上手な店員さんは近くに席に座っている人にも上手く会話を振って、三人とか四人で話す展開に。

初対面の人ばかりで、生まれも年も人生経験もバラバラ。

だから普段とは違う会話ができて、すごい刺激的で楽しい。

(細かく言うと最終的には「完全に一人」っていう状態ではなくなっているけど)

 

一人で動いていると自分の気分次第で色んなことに挑戦できる。

なんとなく気になった店に入るとか、ちょっとした路地裏を歩くとか、普段電車移動の部分を一駅歩いてみるとか。

そしたら何かしら、発見がある。

この発見があった時は最高なんよね。

 

自分はいい趣味だと思っているし、他に人にもオススメしたい。

一人であちこち行くことで、何か違う世界が見つけられます。

 

「誰も気にしていないのだから、好きなことをすればいい」

これに尽きる。

 

第4回 18時くらいにスタバでまったりしている社会人たちって

普通の会社員ってそんな感じで生活しているもの?

新人の時以外に、基本的に21時以降にしか帰った覚えがない。

(仕事ができるできないもあるけど)

 

とりあえず、「ちょっとスタバでも寄ってから帰ろーぜ」的な思考を持ったことがない・・・

 

正直すっごいうらやましい

 

なにあの優雅な感じ。

あんなサクッと帰って優雅な時間過ごしてみたいわ

 

・・・・・・

 

最近思うのは、便利になってしまったことで24時間フルで仕事に監視されている。

今こそ、はっきり時間を切り分けるようにしないといけないと思う。

 

例えば、インターネットなんか無い時代なんか、営業時間過ぎて連絡が付かなければ翌日に諦めてたでしょ、絶対。

それなのに今なら、電話やメール、L○NEやsk○pe、そしてSNSまで追っかけて来やがる。

どういうことだと。

 

技術が進歩することは全く悪くない。

悪いのはそれを使う人。

 

もっと社会全体として寛容になればいいのにと思う。

常に仕事仕事仕事・・・になってたら、それは仕事嫌いになるし、頑張ろうと思える人も確実に減るのは当然でしょ。

そうなったら余計に結果は出ないし、全くプラスにはならない。

多くの時間働けば良い、っていう時代ではないでしょ、もう。

 

世の中のみんながもっとゆるーーーーくなってくれたらいいのにな。

 

第3回 気がついたら1ヶ月経過していた

うん、毎日更新は無理でした。

まぁ気にしない。

大事なのはそこではない、はず。

 

*******

にしても、ブログを毎日書ける人はどういう観点で日々を過ごしているのか?

「あぁーこれ伝えたい」「あぁーこれ書くといっぱい見てもらえる」とかなのか。

それとも本当に、只々日々あったことをメモしてるのか。

 

いっぱい更新できる人はおそらく自己表現が得意なんだと個人的には感じる。

楽しかったことでも、不満しかなかったことでも自分が感じたことを率直に吐き出せる、って何か憧れる。

 

私はどちらか言うと、自己解決しちゃうタイプ。

だからわざわざ書こうっていう思考にたどり着かない。

というか多分書いたら見てもらえないと悲しくなるから書かない、が正しいか。

人に見てもらいたい、かまってほしい、という気持ちがあるんでしょうね。

(自分が超絶かまってちゃんであることを今、改めて理解した瞬間)

 

いっぱい更新してる人って多分、見てもらいたいとかよりも「書きたい」「伝えたい」の気持ちが強いのか。

それでいっぱい書いていると、個々のネタに共感している人が集まって、結果見てもらえるという風につながっていそう。

なにこの素晴らしいスパイラル、ずるいわ。

 

やっぱり何よりも自分からアウトプットしていかないと始まらないってことですかね

 

いい気づきになった気がするわ。

 

 

第2回 食わず嫌いしない


BABYMETAL - Road of Resistance - Live in Japan ...

 

ちょっと前に名前とか聞いたときは「ももクロ」とかの系統かと。

アイドルが流行りですしね。

でも「METAL」って名乗ってるしどんなものかと見たらがっつりはまってしまいましたわ。

 

まず一番にバックバンドがすごすぎて!

豪華かつ演奏のガチンコっぷりに感動!

今回のはドラフォも参加しちゃったし

ナイスピロピロ〜

 

そしてボーカルの声がまた良いことにも驚き!

バンドに負けないくらいの存在感出てる!

これで10代っていうのがね、これからどうなっていくのか非常に楽しみ

 

一回ライブ行って、サークルとWODやってみたい。

普通のライブの倍くらい汗臭そうw

 

にしても、アイドルオタの人はサークルとかWODに入ってくるのかとても興味ある

ある意味異種格闘技みたいですし

これも見てみたいのでライブに行かねば

 

何でも首を突っ込んでみるものだわさ〜

第1回 出発

人生初のブログに挑戦。

 

「インプットもいいけど、アウトプットしなければ意味がないよ」

「自分のことをシェアしてみると何かが起こるかもね」

 

という言葉をちょっと信じてみて。

 

アウトプットの質にこだわらず、まずはなんでも書いてみる。

食わず嫌いはよくないので、なんでも試してみよう。

やってみることが大事。

 

=============================

第一回はこれ。

超高速!参勤交代」読んでみた

f:id:mr_ajapae:20150506210634j:plain

 

これ、2014年に映画化されてたのね。

全く知らずに本屋で完全に「ジャケ買い」。

平置きされていて、タイトルの「超高速!参勤交代」ってとこにまずひっかかる。

そして本屋さんのナイスなポップにやられました。

本屋さんの店員さんのセンスが抜群過ぎた・・・

 

内容はというと、歴史的な時代劇ではなくファンタジー?な感じ。

「参勤交代」と言ってはいるが歴史要素はそこまでなく、武士や忍者の戦うシーンが描かれていたり、当時の日常的な場面が描かれていたり。

買って3時間ほど集中して読んでしまえるレベルで、歴史がさっぱりな自分でも気軽に読めるタイプの本でした。

ちょっとしたスキマ時間の暇つぶしや気分転換に丁度いい!

 

気ままに続けていくために初回はこんな感じで。

 

おしまい